じー。Maru stares.

 

視線を感じてふと見ると――
I felt the line of sight.


まる:「じー。」
Maru:[I stare.]

まるが珍しくストーブの上に乗ってこっちを見ていた。
(ストーブの上ははなが良く行くけど、まるはあまり行かない)

 

まるさん、何か御用でしょうか?
Hey Maru, do you have any business to me?

まる:「じ――。」
Maru:[I stare!]

じーっとこっちを見るまるを見ていると、だんだんフクロウに見えてきた。
You look like an owl.

 


まるの目:「さっきトースターがチン!てなったけどあれはササミじゃないんですか? きっとササミですよね。食べる準備は出来てますけど。というかさっさと出しやがれ。」
Maru’s eyes:[The toaster just rang. Did you bake white meat? Surely it must be white meat. I am ready to eat. Please give me white meat quickly.]

こっちにもいた!
Wow, do you stare me , too?

はな:「チン! て鳴ったよ。」
Hana:[Because the toaster rang.]

 

たまにササミをトースターで焼いてあげるので、
トースターがチン! て鳴るとササミを期待してじーっとこっちを見てくるまるとはな。
むしろササミである確率の方が低いんですけど。
I sometimes bake white meat with a toaster.
Therefore they think that it may be white meat when a toaster sounds. But unfortunately the probability is not high.

 


広告


関連記事