うどん一丁!Udon please!

 

あなたが伝説のうどん職人さんですね!
うどん一丁お願いします! はなと半分こして食べます。
Are you a legendary udon craftsman?
I would like one cup of udon. I share it with Hana!


まる:「はいよ。」
Maru:[Yes.]

————————————————————————-


はな:「え、ここでこねるの? ちょっと近くない?」
Hana:[Do you knead it here? Too near!]


まる:「うどん生地がここにあるので。邪魔なんであっちへ行ってください。」
Maru:[Beause there is the udon dough here. You are obstructive. Go to that place.]


はな:「なんであたしがどかなきゃいけないのよ。」
Hana:[Why must I get out?]


はな:「しかもうどんできるの遅くない? もー待ちくたびれた。」
Hana:[Besides, the udon is too slow.I’m tired of waiting.]


まる:「こねこねこねこね。こねこねこねこねったらこねこねこねこね。」
Maru:[I’m kneading kneading kneading and kneading kneading kneading…]


はな:「昼寝でもして待つわ。」
Hana:[I take a nap.]




わー! ちょっとうとうとしてたら、職人が自分でうどんを食べてる!! しかもめちゃくちゃ美味しそうに…。あー、食べたかった。本当に食べたかった!!
Wow! The craftsman has eaten the udon when we took a nap!!
It too looks delicious. I really wanted to eat it.


まる:「もーうるさいですね。ほれ、残りをやる。」
Maru:[You are too noisy. Eat the remainder.]

広告

広告