はな:「ちょっとー押さないでよ。危ないでしょ。」
まる:「押してません。見てるだけですよ。いつまで乗ってるのかと思って。」
Hana:[Do not push it. It is dangerous.]
Maru:[I didn’t push. I am just looking. As I want to know when you go down from there.]


はな:「もう下りますよーだ!」
まる:「!!!」
Hana:[It’s now!]
Maru:[!!!]


まる:「まったくあのチビは、急に降りたらこうなることくらい簡単にわかりそうなものを。ぶつくさぶつくさ…。」
Maru:[Omg…She’s still a child, so she can’t think about when she got off suddenly from there.]

まるさん、ぶつくさ言ってないではやく避けないと――
Hey Maru, you should avoid it without grumbling.
Otherwise,


まる:「!!!」
Maru:[!!!]

またブランコが戻ってきますよ。
The swing returns again.


まる:「さてと気を取り直してブランコにでも――」
Maru:[Well, I will get on the swing.]


まる:「とっとっと…!」
Maru:[Wow!This escapes!]

揺れているブランコに乗るのは難しいのか、行ったり来たりしてなかなか乗れないまる。
As the swing has already shaken, it seems to be difficult for Maru to get it on.


まる:「あれおかしいな、なかなか乗れません。」
Maru:[Oh, why? I cannot get on this easily.]


まる:「今度こそ、ちゃんと揺れを吸収して――」
Maru:[I take in shaking. And I try again!]


まる:「ふぅ。やっと乗れました。」
Maru:[I was able to get on this at last.]


まる:「ら、楽勝でしたよ?」
Maru:[Did you see it? No? Of course I easily got on this. ]

たまにすんなり乗れなくて、ブランコを押しながらあっちへ行ったりこっちへ行ったりしているまるの姿をふと目撃すると、とても猫とは思えない。
Maru cannot get on the swing easily sometimes. He pushes the swing and walks here and there then. The figure does not look like a cat at all.


広告


関連記事