悩むまる。Maru thinks seriously.


まる:「うーーむ。箱がふたつありますね。さてさて、どちらに入るべきか。」
Maru:[Wow, there are two boxes. Which box should I use?]


まる:「とりあえず、こっちの箱にお尻を乗せて、こっちは手だけ乗せる。そうすればどちらも使えます。」
Maru:[Ok, I put my bottom on this box and put my forefoot on the box. I use two boxes.]


まる:「うーん、でもやっぱりこっちの箱が気になります。」
Maru:[But well, I want to enter this box.]


まる:「掘っても中には入れない――。」
Maru:[However, I can put only my forefoot in this.]


まる:「取り合えず上に乗ってよしとするか。いやでもなんかしっくり来ない…。」
Maru:[Anyway I got on this box. However, I have not been yet satisfied.]

まるの悩みは続きます。
Maru’s  thought continues.


広告


関連記事