まるとはなとあざらし。-Maru&Hana and the seal.-

 


あざらし:「今日は、伝説のマッサージの体験リポートにやってまいりました。さっそく、伝説のマッサージ師まるの登場です! 口に何やらくわえております。てんとう虫のようです。赤に黒の模様がちらりとのぞいております。それではさっそくお願いいたします。」
Seal:[I intend to do an experience-based report of the legendary massage today. Legendary masseur Maru comes over promptly. He holds something in his mouth. It is like the ladybug somehow or other. His treatment begins soon.]


あざらし:「ふごふごふごふご。」
Seal:[!!!]


あざらし:「ふごふごふごごごごっ!」
Seal:[!!!!!!!]

 

あざらし:「ぷはぁ~! 顔面マッサージがようやく終わったようです。次は一体どんな施術をしてくださるのでしょうか。非常に楽しみです。」
Seal:[I can talk finally. The facial by him was finally over. Then, what kind of treatment does he intend to do? I’m very pleasant.]

まる:「あごが疲れたのであとは助手に任せます。」
Maru:[As my chin was tired, I leave it to my assistant.]


あざらし:「助手さんはふみふみしたりはしないのでしょうか。ただお腹にずっしりとした重みを感じます。」
Seal:[The assistant does not knead me. She just gets on my belly. It is very heavy.]


あざらし:「すべての施術を終えたようです。顔は間違いなくハンサムになりました。心なしかお腹もへこんだような気がします。以上、体験リポートでした。」
Seal:[All treatment were over. My face became surely handsome. Some my belly seemed to become flat, too. That is all for the experience-based report. Thank you!]


広告


関連記事