ゆうがお姫です。

 

あるところに、もう何年も眠り続けているお姫様がいました。
名前はゆうがお姫と言います。
そこへ、猫王国のまる王子が通りかかりました。
There was a princess who keeps sleeping for many years at some places.
Her name is Bottle Gourd Princess.
One day, Maru Prince in the cat kingdom came to there.

まる王子:「なんですかこれは?」
Maru Prince:[What is this?]

まる王子:「ふんふん、美味しそうな匂いはしませんね。」
Maru Prince:[I sniff. This doesn’t have the good smell.]

まる王子はうっかりキスをしてしまいました。
Maru Prince has kissed her carelessly.

そして、ゆうがお姫は目を覚ましました。
And Bottle Gourd Princess has woken up.

ゆうがお姫:「あたしたち、結婚しまーす♪」
Bottle Gourd Princess: [We get married♪]

はな:「なにこれ、変なのー!」
Hana:[Wow, what is this?  Too strange!]

ゆうがお姫:「なによこの小娘! あたしたちの結婚を邪魔する気!?」
Bottle Gourd Princess:[Hey, who are you? Do not disturb our marriage!]

ゆうがお姫:「王子は渡さないわ! あっちへ行きなさい!!」
Bottle Gourd Princess:[He is my prince. Go away!]

はな:「なんか不味そうな臭いするからあっち行こーっと!」
Hana:[This has very yucky smell! I don’t like it.]

ゆうがお姫:「やっと二人きりになれたわね♪」
Bottle Gourd Princess:[We’re finally alone♪]

まる王子:「これはきっと悪い夢だ。 誰か起こしてください。」
Maru Prince:[This must be a nightmare. Someone wake me up, please.

つづかない!
This story is not to be continued!


広告


関連記事