広告

まるです。

 

箱に入りたいまる。でも本当は、奥ではなが入っている箱が
一番のお気に入り。
Maru wants to get into the box.
However, he actually wants to enter the box which she is in.

はな:「なんかずっとこっち見てるんだけど…。」
Hana:[He looks at me. Why?]


まる:「ひとの箱を勝手に使っているのは誰ですか?」
Maru:[Hey, this it my box.]


はな:「キャー! なんか追いかけてくる―!」
まる:「待てー!」
Hana:[Wow, he runs after me. Why??]
Maru:[Wait!]


はな:「こんなとこまで来ちゃった。」
まる:「ここまで来ればもう大丈夫。」
Hana:[I escaped at last to here…Why???]


まる:「まったくもう、油断も隙もありませんよ。」
Maru:[Because this is my box!]


まる:「危うく箱の形が変わってしまうところだった。」
Maru:[Look! I arranged this box for myself. So this is mine.]

ボロボロなのはお気に入りの証。

広告

まるです。

 

さっきまでテーブルの上にいたはずなのに、猫用の歯ブラシを
手に戻ってくるとまるが姿を消している。
Maru was on the table certainly.
But when I brought a toothbrush for cats, he hid somewhere already.

まる:「こんな完璧に隠れれば見つかるまい。」
Maru:[I hide perfectly.]

はな:「ねーそこで何してんのー?」
Hana:[Well, what are you doing there?]

まる:「しっ、あっちへ行きなさい!」
Maru:[Shh! Go away!]

あのー、まるさんはどこへ行ったんでしょう?
Hey, do you know where is Maru?

まる:「さあ、どこでしょうね?」
Maru:[I don’t know…]


そろそろ観念して歯磨きしちゃいましょう!
The hide-and-seek is over.
Let’s brush your teeth!