ブランコまるさん。The swing and Maru.

 

まるはたまに、こっちか側からブランコに乗ることがある。
Maru sometimes rides the swing from this side.

まる:「さてと、ブランコに乗りますかな。」
Maru:[I will enjoy the swing.]

でもこっち側から乗ろうとすると、毎回けっこうブランコが揺れちゃう。
But when he rides the swing from this side, the swing swings quite a lot.

まる:「ちょいちょちょーい、ブランコさんどこ行くんですか!?」
Maru:[Hey wait, swing!]

 


まる:「はいはい、大人しくしてください」
Maru:[ Where are you going?]


まる:「――よっ! と。」
Maru:[Please don’t move.]


まる:「でも乗れる。」
Maru:[Look! I was able to ride!]

まるは諦めない。
Maru never gives up!

はなはもともと、こんな不安定なものに乗るつもりはないし、
子ねこの時は身軽にブランコに飛び乗っていたみりも、
いつの間にか乗れなく? 乗らなく? なっていました。

やっぱり、揺れて動く物に乗るというのは難しいようで、
相当ブランコの習性を理解していないと無理なのだと、まるを見ていて思います。

はなの場合は、乗ろうとして前足を乗せたときにブランコが大きく揺れると、その時点で乗るのを諦めます。
まるの場合は、揺れてもその揺れの収め方を知っている。
そして乗るときも揺れますが、降りた後も大きく揺れるのですが、まるはそのことを理解しているので、降りた後は足早にその場から立ち去ります。
だから、ブランコの板がゴッツン!と当たることはありません。
ブランコの揺れをも把握しているまるさん、恐るべし!


広告


関連記事