まるさん用ではないけれど。It’s not for Maru, but.

 

まるさん用に買った物ではないけれど――
This is not for Maru.


まる:「ありがとうございます。」
Maru:[Thanks!]

当然のように入るまるさん。
Of course, Maru gets into it.


みり:「いいなー!」
Miri:[I want to get in it too!]


みり:「はな姉さんもおいでよ!」
Miri:[Come on, Hana!]


はなが遠慮していたので入れて差し上げた(←余計なお世話)
Since Hana was reserved, I held her and let her in.


まる:「ほんとに余計なことして。ギュウギュウじゃないですか。せっかく広々寝ようと思ってたのに。」
Maru:[Hey, it’s my tub! It’s too narrow for me to sleep!]


広告


関連記事