ブラッシング手袋。Brushing glove.


短毛でブラッシング初心者のみりにちょうどいいかと思って、
ブラッシング手袋というものを買ってみました!
I bought brushing gloves for a brushing beginner Miri.


つけるとこんな感じ。
I wore the glove.


まずは、ブラッシング上級者のまるでお試し。
I tried the glove  on Maru first.

どうですか?
How about the glove?

まる:「あーそこそこ。そこがちょうど痒かったんですよ。」
Maru:[Yes, I just got itchy there.]

まるはブラッシングを始めるとひっくり返る習性があるのですが、この手袋ではひっくり返らず。
どうやらブラッシング認定はされなかったようです。
He always turns over when brushing.
But this time, he didn’t turn over.
It seems that he didn’t recognize it as brushing.

意外に好評だったのがはな。
This glove was well received by Hana.

はな:「危ないものじゃないでしょーね?」
Hana:[What is this? I saw that for the first time.]


最初こそ不審がってましたが、撫でられてる感覚に近いからか、しばらく気持ちよさそうにしてました。
普通のブラシだと、あちこち匍匐前進で動き回ってしまいます。
At first Hana was suspicious of it.
But she was fascinated by the feeling of being stroked.
During normal brushing, she always crawls about.


肝心のみりはというと――
And Miri’s turn.


みり:「めっ!」
Miri:[No!]

まさかのNG。
Miri declined it.

 


このブラシ手袋、手袋についた毛をキレイにするのがすごく大変。
It is very hard to clean furs on this glove.


広告


関連記事