手押しまる。Maru pushes it and walks.


まる:「だからもういい加減、逃げるのをやめなさいってば。」
Maru:[Hey, stop escaping!]

まるさん、誰に文句を言ってるんですか?
Whom are you complaining about?


まる:「この黒い箱ですよ。乗ろうとするといっつも逃げていく。」
Maru:[This black box. This always escapes when I try to ride.]


まる:「まったくもう。」
Maru:[Sigh!]


まる:「結局またここまで来てしまいましたよ。」
Maru:[After all, I came here again.]

最初は驚いて見ていたはなも、もうすっかり見慣れた光景。
When Hana first saw it, she was very surprised.
But now she’s completely used to it.

はな:「好きにやらせてあげなさい。」
Hana:[Let him do whatever he wants.]


みり:「真似する?」
Miri:[Should I imitate that?]

 


広告


関連記事