目の前に道があるから。Because there is a way before me.


まるさん、こんなのが届いたんですけど。
Hey Maru, these arrived!


まる:「ふむふむ、なるほどなるほど。」
Maru:[Oh, I see.]


まる:「これは、こういうことですね。」
Maru:[I know how to use this.]


置いた瞬間から、まるで遊び方を知っているかのようにどんどん石の上を歩いていくまる。
Why do you know how to use?


まる:「こんなの楽勝ですよ。」
Maru:[It’s a piece of cake.]

 


はな:「あたしもこんな上は余裕で通れるけど――」
Hana:[Of course I can walk this top.]


はな:「下を歩いたほうが早いでしょ。」
Hana:[However, this way is earlier.]

はな:「あの上を歩く必要性を感じない。」
Hana:[I do not understand the need to walk that top.]


まる:「必要性、とか中途半端に考えると何もできませんよ。ただコツコツと、目の前の道を進んでいけば、やがて大きな何かを成し遂げることができるのです。」
Maru:[When you think about necessity, you’d be able to do nothing. Go ahead through the way before you steadily. Then, you will accomplish something big before long.]


はな:「コツコツと進んでたら疲れたって。」
Hana:[He seemed to be tired when he advanced steadily.]


広告


関連記事