ガイコツくん。Mr. Skeleton.


まるさん、この箱、さっきから何か音がするんですけど。
開けてみましょう!
Hey Maru, I hear some sound from this box.
Let’s open!


わー! 何か入ってます!!
Wow, there is something strange in it.


ガイコツくん:「あーよく寝た!」
Mr. Skeleton:[I slept very well.]


ガイコツくん:「ここはどこ? え、もしかして寝すぎてガイコツになっちゃった? うそーん。」
Mr. Skeleton:[Well, where am I? Because I have been slept too for a long time, have I become a skeleton? Can not believe!]


ガイコツくん:「ぎゃっ! 手! 手が痛い!!」
Mr. Skeleton:[Ouch! I have a pain in my bone of the hand!]


ガイコツくん:「食われてる! 何かに食われてる!!」
Mr. Skeleton:[I am bitten in something!]

 ガイコツくん:「そして放置…。ヘルプミー。」
Mr. Skeleton:[Help me…]

 

100均で買ったこのガイコツくん、はなは大嫌い。
I bought this skeleton in a 100-yen shop.
And Hana hates this.

はな:「キモ。」
Hana:[Too weird.]

 

まるは一応気にかけてる?
Maru takes care of it?

まる:「ちょっと、頭臭いですよ。いつ洗ったんですか?」
ガイコツくん:「ひ、百年前くらい?」
Maru:[Your head is too stinking. When did you wash your head?]
Mr. Skeleton:[Well, 100 years ago?]


広告


関連記事