ブランコとまるとはな。The swing and Maru&Hana.

ブランコに乗せてもらったはな。
I put Hana on the swing.


はな:「ここはどこあたしはだれ。」
Hana:[Where is here? Who am I?]

はなさん、ブランコの上ですよ。
Hey Hana, it is the top of the swing here. How about?


はな:「何これ揺れる―。」
Hana:[I shake. Why?]

ロープに顔をこすりつけるとゆらゆらしちゃうので、座って寛いでください。
Please relax without rubbing your face against the rope.


はな:「寛ぐも何もこのロープが邪魔で寛げないんだけど。」
Hana:[This rope is obstructive, so I can’t relax.]

ロープの間から顔を出せばいいみたいですよ。
Please come from between the rope.
はな:「うーん、でもやっぱりイマイチ。」
Hana:[I don’t like here.]

ということで、すぐに降りてしまったはな。
続いてまるがスタンバイ。
最近は飽きたのかブランコに見向きもしなくなっていたのに、
はなが乗ったのを見てうらやましくなったのか。
Hana went down immediately.
Maru seems to get on next.
He seemed to get tired of the swing recently.


まる:「まったくもう、あのチビはまだブランコにも乗れないなんて。」
Maru:[Can she not yet get on the swing? omg…]


まる:「よっこい――」


まる:「せっと。」


まる:「ドヤ。」
Maru:[Look!]

自分で乗れるんだぞ、というところを見せたかっただけみたいですね。
He seemed to want to be proud of being able to get on by oneself.


広告


関連記事