水を飲むはな。Hana drinks water.

水を飲んでいるはな。
Hana drinks water.


はな:「ペロっ。」
Hana:[Beh!]

惜しい! 舌が水に当たっていませんよ。
あともうちょっと下です!
So close!  Hey Hana, your tongue does not touch the water. It is a bottom a little more.


はな:「おかしい。ここに水があるのに入ってこない。」
Hana:[Why can I drink no water? I have water certainly here.]

はなはチビの頃から水を飲むのが下手で、ペロペロと舌を出しても、水に当たるのは半分くらい。
Hana’s poor at drinking water from before. Her tongue may not be able to touch each time water.


はな:「今度こそ!」
Hana:[I try again!]

そう、そこです!
Yes, you can do it!


はな:「ちょっと静かにしてくれる?」
Hana:[Please be quiet.]

はなが水を飲んでいると、ついつい見守りたくなってしまう。
Excuse me!
When she drinks water, I want to watch her.

まる:「あのチビはまだ水もろくに飲めないのか。まったく――」
Maru:[Can she not yet drink water well? I was amazed.]

ところでまるさん、珍しい所で箱に入ってますね!
By the way, Maru, you enter the box at a rare place.


まる:「ここに箱があったので。」
Maru:[As I found the box here.]

そういえば、掃除の時にそこに置いたんでした。
ストーブの上は、はなは良くそこで寝ていますが、まるはめったに登らない場所。
That reminds me, at the time of cleaning, I put the box there.
Hana often relaxes on the stove. However, Maru hardly goes there.


広告


関連記事