あざらしの正体。-The real identity of the seal.-


あざらし:「あ、どうもどうも、あざらしですぅ。え、見えないって? ああそいえば中身、出ちゃってました。」
Seal:[Hello, I am a seal. What? Do I not look like a seal? Oh, I am empty now.]


あざらしはカバーなので、普段使わない布団やクッションなどを入れておくことができます。
The seal is a cover. I can put futon or  cushions not to usually use in that.


中身を詰める前にまるが入ると、当然こうなります。
But when Maru gets into that,


はな:「わー怪しいーなんか動いてるー。」
Hana:[Wow, this is very doubtful and is exciting!]


はな:「ガシッ!」
Maru:[I catch it!]


はな:「ガブガブッ!」
Hana:[And I bite it!]


まる:「えらいこっちゃえらいこっちゃ!」
Maru:[Stoooop!]


まる:「めっ!」
Maru:[Hey, it’s me!]

はなさんもあざらしの中に入ってみますか?
Hana, do you want to get into it, too?

はな:「やめてよ、こんな危険なとこ! いつ襲われるかわからないじゃない。」
Hana:[No! This inside is dangerous. I do not know when I am attacked.]

そういうことするのははなさんくらいなので、大丈夫だと思いますけど!
It is always you to attack. When you’re in it, it’s safe there.

中身を詰めて形を整えたら、はいあざらしさんの出来上がり!
I stuffed a cushion during it.

あざらし:「意外とコンパクトなんですよぅ。」
Seal:[Actually, I am unexpectedly small.]


広告


関連記事