猫の日でした。-It was the day of the cat.-

猫の日のために、スペシャルなプレゼントを用意しました。
なんとなんと、新しい爪とぎでーす!
ジャーン!
It was the day of the cat yesterday.
Therefore I prepared for a special present for you.
This is a new claw board!
Ta-da!!


まる:「ああ、さっき思い出したように出してきたこれですね。」
はな:「勢いでごまかそうとしてるわ。」
Maru:[You remembered this suddenly and brought it from the storeroom.]
Hana:[You told a lie. You did not prepare for this for the day of the cat, right?]

 

確かに、たまたま買ってあったのを思い出しましたが、新しい爪とぎには変わりありません。どうぞお試しください!
I surely forgot the day of the cat. However, this is surely your new claw board. Please try it.


はな:「研ぎ心地はまあ悪くないけど。」
Hana:[This is very good for my claw.]


まる:「かーしーて。」
Maru:[Really? Please lend it to me!]


まる:「ふむふむ、なるほどなるほど。さすがに新しい爪とぎは引っ掛かりが違いますね。」
Maru:[Wow, this is surely good! I love this!]


はな:「かーしーて。」
Hana:[Please lend it to me!]


まる:「いーやーだ。」
Maru:[Noooo!]

 


そして夜はもちろん――
And at night,


まる:「ささみ」
Maru:[Wow, white meat!]


まる:「うまっ!」
Maru:[I love it!]


はな:「うまーっ!」
Hana:[So good!]


広告


関連記事