まるです。

 


朝の光の中、キッチンに佇むふたり。
In dazzling morning, Maru&Hana are in the kitchen.

そして再び始まるまるによる毛づくろい。
Maru began to lick Hana again.

まる:「まったくもう、しょうがないですね。」
はな:「頼んでないんだけど。」
Maru:[You need lots of care today, too.]
Hana:[I’m not asking you at all.]


まる:「あ、空いた。」
Maru:[It became vacant.]


まる:「なら遠慮なく、と。」
Maru:[I use this on behalf of her.]

もはや確信犯!?
Hey Maru, you did it on purpose!?


広告


関連記事