はなです。

 

珍しく紙袋に入ってみたはな。
Hana unusually entered the paper bag.

はな:「魔が差しちゃった。」
Hana:[I gave in to temptation to do it.]

はなはこれ以上顔を出すようなことはしないので、
ちょっとおもちゃで釣ってみる。
But Hana doesn’t stick out her face any more.
Therefore I tendered a toy.


はな:「もっと近くにちょーだい!」
Hana:[Please bring more that close to me!]


はな:「これ以上顔出すとか無理だから。意味わかんないし。」
Hana:[I can’t stick out my face any more. I don’t feel the necessity. At all.]


まる:「あいつはまだまだですよ。」
Maru:[She’s still immature.]


広告


関連記事