忠猫はな。
まるが中に入っていると、その前から離れようとしない。
As Maru is in the cupboard, Hana waits.

はな:「さっき、タヌキみたいな丸い生き物がここに入っていった。」
Hana:[I saw the round creature such as the raccoon dog entered in this.]

はな:「ちょっとー、いつまで入ってんのー!」
Hana:[Until when will you be there? I got tired of waiting.]

まる:「まったくもう、おちおち戸棚にも入れませんよ。」
Maru:[Very noisy. I cannot be relaxed in the cupboard.]

はな:「何回も助けてもらってるくせに。」
Hana:[I helped you many times. Do not forget it.]
まるがうっかり閉じ込められたり、締め出されたりしたときは、
いつもはなが教えてくれる。
When Maru is shut in and is barred by the door, Hana always teaches me it.


広告


関連記事