まるです。


寒がりなはなのために買った猫ベッド。
まるはふかふかな物が苦手だから入らないだろうなと思っていると――
I bought this cat bed for Hana, because she is sensitive to cold.
I forecast that Maru did not like this.
Because he does not like warm beds.
But……

「入ってますよ。」
Maru:[I like this bed.]
突っ込む形式だったのが良かったのか、真っ先に入るまる。
初めて見る物に警戒していたはなは出遅れた形に。

はな:「これいーなー。貸してー。」
Hana:[I like this, too. Please lend this to me!]

はな:「貸してくれない。大人げなーい。」
Hana:[He does not lend it. He is childish.]

「早い者勝ちなのです。」
Maru:[First come, first served.]

「ぬっくぬく。」
Maru:[This is very warm…]
喜ぶだろうと思って買った物は使ってくれず、
これは使わないだろうと思った物を喜んで使う不思議。
空いた隙にはなさんもIN。
After this, Hana was able to use the bed.

はな:「ぬっくぬく♪」
Hana:[I love this warm bed.]
--------------------------------------------------—-
連載第11回目は本日AM10時頃の更新です。


広告


関連記事