まるです。


「じとー。同居人が一人で何か食べてます。」
Maru:[I am staring at my housemate eating something.]
これはおせんべいですよ。まるさんにとっては、ちーっとも美味しくないものです。
This is a rice cracker. This food is not delicious for you.

「ふんふんふん……この匂いが美味しいかどうかは」
Maru:[Sniff……]

「食べて確かめます!」
Maru:[I eat and check whether this food is not delicious!]
*まるは食べてません。いつもは匂いを嗅いだだけで満足するのが、
いきなり口を開けたので慌てて撤去。
*Usually, Maru is satisfied only with smelling at a food for human.
However, I kept it away from him in a hurry because he opened his mouth this time.


広告


関連記事