まるです。

まるさん、また排水溝ですか? イタズラしたらだめですよ。
Hey Maru, are you watching the drainage again? Don’t touch it.

「わかってますよ。見てるだけです。」
Maru:[I see. I only watch it.]

はい、まるさんアウト!
Maru, don’t touch it!

「まったくもう。同居人がうるさいので、反対側に移動しました。」
Maru:[omg…Because my housemate was noisy, I moved to the other side.]

「あー、どっこいしょっと。」
Maru:[Alley-oop.]

「あら。寝がえりを打ったら、偶然こんなところに排水溝が。」
Maru:[Wow! When I toss about, there is it under my paw accidentally.]
ダメと言われてますますやる気を出してしまいました。
Maru wanted to touch it more and more because he was forbidden it.


広告


関連記事