まるです。


ハリー:「ということで、どうもどうも、お久しぶりのハリーでやんす。
同居人はん、親分の気を引くために、ポーンと思い切り投げるでやんすよ。ささ、ポーンと。」
Harry:[Hello, I am Harry. It’s been a long time!
Hey my boss’ housemate, please throw me with all your might to catch my boss’s attention.]
はい、ポーン。
Ok, I see!

ハリー:「さっそくボスが来る出やんす。同居人はん、グッジョブ!」
Harry:[Good job! My boss found me at once. ]

ハリー:「ああ親分、会いたかったでやんす。どうかハリーにも愛の抱擁を。」
Harry:[Hello, my boss. I missed you so much. Please hug me intensely!]

ハリー:「おや……」
Harry:[Please…]

ハリー:「親分、ハリーはここでやんす。」
Harry:[Oh no, I’m here…]
一度はハリーの方に向かったものの、まるの興味はその先に落ちていた小さなゴミに。
ゴミに負けたハリーでした。
Maru went to Harry at first.
However, he found a small dust on the floor on the way.
Harry lost in a dust.


広告


関連記事