カテゴリー別アーカイブ: まるとハリーと仲間たち

まるです。

そして、誰もいなくなった。。。
And everyone has gone.

雪だるま王6世:「ぽっつーん。寒い。心が寒い。」
Snowman King Ⅵ:[I’m lonely…]

ハリー:「大丈夫でやんす。あっしがいるでやんすよ。あっしはもう何年も放置プレイでやんす。」
Harry:[Don’t mind! I’m here.]
ハリー:「さあ、力を合わせて、親分の気を引くでやんす。」
Harry:[Let’s wait my boss to come together.]

はな:「絶対に来ないでしょ。」
Hana:[I think he never comes.]
      ・
      ・
      ・

はりー:「寒い。身も心も寒い。。。」
Harry:[I am lonely and cold!]

広告

まるです。


雪だるま王:「私は偉大なる雪だるま王6世。雪に導かれこの地へやって来た。」
Snowman KingⅥ:[I am great snowman KingⅥ.
I was led to the snow and came over to here.]

まる&はな:「いただきまーす!」
*雪だるま王の目玉はカリカリでできています。
Maru&Hana:[I love you!!!]
*His eyeballs are dry foods.

まる:「目玉おかわり!」
Maru:[Please have another serving.]
はい、おかわり一丁!
雪だるま王6世、海苔バージョンでございます。
Yes!
This is a snowman king Ⅵ of the toasted laver version.

まる:「これじゃありませんよ。」
Maru&Hana:[I don’t love this.]

広告

まるです。


雪だるま王:「私は偉大なる雪だるま王5世。雪に導かれこの地へやって来た。」
Snowman KingⅤ:[I am great snowman KingⅤ. I was led to the snow and came over to here.]

まる:「待ってました!」
はな:「いただきまーす!」
*雪だるま王の目玉はカリカリでできています。
Maru:[I missed you!]
Hana:[I need you!]
*His eyeballs are dry foods.
付け変えてもあっという間に目玉を食べられてしまうので、海苔に変えると――
Because Maru&Hana ate his eyeball immediately, I changed it into laver.

まる&はな:「こんなのに興味なーし。」
雪だるま王:「無礼者!」
Maru&Hana:[I am not interested in it at all.]
Snowman KingⅤ:[Rude cats!]

ハリーです。


ハリー:「親分、お久しぶりでやんす! ハリーでやんす!!」
Harry:[Hey, my boss! It’s me! Long time no see!!]

ハリー:「おや、そちらが噂の新入りさんですか。ちょいとご挨拶に。」
Harry:[Oh, is that a newcomer?]
ハリー:「どうもどうも、親分の第一愛弟子のハリーでやんす。
この座は譲らないでやんすよ。」
Harry:[Hello, it’s Harry. I am the first disciple of the boss.]

はな:「あ、鳥。」
Hana:[I found a bird.]

ハリー:「ああ、それにしても久しぶりの親分のぬくもり。」
Harry:[The boss is mine. I do not hand over my boss to the newcomer.]

ハリー:「会いたかったでやんすよ。」
Haryy:[I missed you so much, my boss!!]

まるです。


雪だるま王:「私は偉大なる雪だるま王4世。」
Snowman KingⅣ:[I am great snowman KingⅣ.]
わらわら。

雪だるま王:「雪に導かれこの地へ――」
Snowman KingⅣ:[I was led to the snow and came over to ……]
グッシャー。

雪だるま王:「きゃーっ!」
Snowman KingⅣ:[Oh, ouch!]