はなです。

 


はな:「だからいらないってば。」
Hana:[I surely said “No, thank you.”]

でもよーく考えてみたら、案外落ち着いたりしませんか?
やみつきになっちゃったりして。
However, please think carefully.
Isn’t that comfortable?
And did you come to like that?

はな:「・・・。」
Hana:[…]

 


はな:「よーく考えてみたけど――」
Hana:[I thought seriously about this. But,]


はな:「やっぱ意味わかんなーい。」
Hana:[No, thank you!]


まる:「雑念を排除して目の前の物だけに集中したい、そんな人にこそおすすめのアイテムです。」
Maru:[I recommend this to you if you get rid of idle thoughts and want to concentrate on things before eyes.]

広告

広告

まるです。

 


まる:「あー、ハンモックは最高ですよ。」
Maru:[I love hammocks.]

ハンモックでぐうたらしていたまるが、おもむろにお尻のお手入れ。
Maru began the care for buttocks suddenly.

まる:「そういえばさっきおトイレ行ったんだった。」
Maru:[I went to the restroom a while ago.]

空いた隙にはながON。
She got on the gap then.

はな:「空いた~♪」
まる:「!?」
Hana:[Half of these hammocks became vacant♪]
Maru:[!?]


まる:「ちょっと、狭いんですけど。」
はな:「だって空いてたんだもん!」
Maru:[Hey, too small!]
Hana:[It was uncrowded here.]


まる:「狭いんですけど。」
Maru:[Too small!]

こっちに言われましても――。
Please don’t say to me.


まる:「このデカ尻。」
はな:「どっちが!?」
Maru:[Your buttocks are too large.]
Hana:[It is my line!]

一緒に使うことにしたらしい。
Maru&Hana used the hammock together after all.