広告

日光浴とまるとはな。Sunbathing and Maru&Hana.

あまりにも天気がいいので、キャットタワーを外に出して日光浴するまるとはな。
As it was too fine, I put the cat tower outside.
Maru&Hana enjoyed sunbathing on it.


まる:「眩しいですか? 白光りしてすみません。」
Maru:[I shine white. Do you dazzle?]

あー、それにしても気持ちがいいですねぇ。
Still, it is comfortable.

まる:「どさくさに紛れて変顔させるのやめてください。」
Maru:[Hey,  stop making me a strange face.]

はなに手を伸ばしたら、危険を察知したのか叩かれてしまいました。
I stretched out my hand to Hana, but she swung my hand.

はな:「変顔禁止!!」
Hana:[Strange face prohibition!]

まる:「これ以上いるとまる焦げになってしまうので、お先に失礼します。」
Maru:[As I seem to burn, I leave earlier.]

暑がりのまるにはちょっと暑すぎた様子。
For Maru who was sensitive to heat, there seemed to be too hot.

広告

入ってみたはなと、羨ましいまる。-Hana tries the box, and Maru envies it.-

あらはなさん、昨日は興味なさそうでしたが、
入ってみたくなったんですか?
Hey Hana, you did not seem to be interested in the box yesterday.
However, do you want to get into it today?

はな:「これなら入れそうだと思って。」
Hana:[Yes. I thought that I might be able to get into this box.]


そうそう、そんな感じで入るんですよ。
That’s right! Maru got into it like that.


はな:「だめ、引っかかった。これ以上入れない。」
Hana:[Oh, no! My head was caught. I can no longer enter.]

ちょっとお手伝いをして、さあどうぞ。
I help you. Here you are!

はな:「入れたー。」
Hana:[Thanks!]

はなが入ったとたん、やってきて目で訴えるまる。
Maru came over as soon as Hana got into the box.

まる:「ちょっとちょっと、今入ろうと思ってたところですよ。」
Maru:[I was going to get into the box immediately.]


まる:「かーしーて。」
はな:「いま入ったばっかり!」
Maru:[Lend it!]
Hana:[No!I still use this for a while.]


まる:「チビに出るように言ってください。」
Maru:[Hey, I want you to tell that to her. That is my box!]

さっきまで入るそぶりもなかったのに、はなが入った途端、羨ましくなった様子。せっかく入ったんだから、もうしばらく貸してあげましょう!
Hana uses it now. You should lend it to her for a while!

 

入るまる。-Maru gets into the box.-


まる:「ああ、小さめの箱ですね。」
Maru:[That is the small box.]


まる:「もちろん、入りますよ。」
Maru:[Of course, I get into this.]


まる:「よっこら――」
Maru:[Here we,]


まる:「せっと!」
Maru:[go!]


まる:「この箱はこういう入り方なのです。」
Maru:[Look! I’m in the box.]


はなさんも入ってみますか?
Hey Hana, do you want to get into it, too?


はな:「まさか!」
Hana:[No way!]

ですよねー。