「まるとハリーと仲間たち」カテゴリーアーカイブ

広告

春のあざらしです。-Seal of Spring.-


あざらし:「もうすっかり春ですねぇ。ぽかぽかしていい気持ちです。」
Seal:[It is already spring. It’s nice and warm today.]


あざらし:「やあ、はなさん。いらっしゃい。どうぞゆっくりしていってください。」
Seal:[Hello, Hana. Please relax on me.]


あざらし:「あ!!!」
Seal:[Wow!!!]


あざらし:「どうもすみません、蹴られてバランスが。決して酔っぱらっているわけではないんですよ! ただ自分ではどうにもこうにも起き上がれませんで…。」
Seal:[Excuse me. She kicked my belly, so my balance collapsed. I’m never drunk. But I can’t get up by myself…]


あざらし:「ああ、行ってしまうんですか? もうしばらく寄り添っているのもいいかなー、なんて思っていたんですが。」
Seal:[Hey, wait! I wanted to snuggle up with you for a while.]


あざらし:「あのすみません、どなたか起こしていただけませんでしょうか。え、ピザ? ええ、さっき食べましたけど。丸飲みで。」
Seal:[Heeey, help me! Let me get up!! What? A pizza??  I ate that a short while ago certainly. By a swallow.]

 

広告

ハリーです。-I am Harry.-

ハリー:「おたくが今、一番親分に気に入られているという噂のてんとう虫さんでやんすか? ぜひ、親分に好かれる秘訣を教えてくださいでやんす。」
Harry:[Are you the ladybug liked by him most now? What is the secret? Please tell me?]

てんとう虫:「ならまずはあたしの活躍っぷりを見てちょうだい。」
Ladybug:[At first please see my achievement.]


てんとう虫:「ソファで寛いでいたって、あたしの姿を一目見れば――」
Ladybug:[He is absorbed if he has a look at me even if he relaxes in a sofa.]


てんとう虫:「もう夢中よ。あたしを捕まえるために必死になるわ。」
Ladybug:[Look! He’s going to catch me inevitably.]

ハリー:「で、これは何をしてるでやんすか? てんとう虫くわえたまま、なんかずっと揉んでますけど。」
Harry:[By the way, what kind of situation is this?  My boss kneads the cushion with Ladybug in its mouth.]

てんとう虫:「しっ! これは立ち入ってはいけないところよ。」
Ladybug:[Hush! You aren’t supposed to meddle here. He regards this work as important very much.]


まる:「そこの目障りなものをどかしてください。」
ハリー:「お、親分…。」
Maru:[Hey, you are quite offensive.  Go away!]
Harry:[Sorry, my boss…]

ハリー:「で、親分に気に入られる秘訣は何なんでやんすか?」
Harry:[Finally please tell me the secret!]

てんとう虫:「あなた、てんとう虫におなりなさい。」
ハリー:「えー。」
Ladybug:[You should become a ladybug.]
Harry:[Omg…]

 

 

ハリーです。

 


ハリー:「はあい、あたしハリネズミのハリーよ。」
Snow Harry:[Hi, I am Harry.]


ハリー:「ツララの針がとっても素敵でしょ!」
Snow Harry:[My spines are very wonderful!]


ハリー:「ちょっちょっと、あっしが本物のハリーでやんすよ!」
ハリー:「はあ? 冗談は顔だけにしてちょうだい! あたしが本物に決まってるじゃない。ならあの方たちに決めてもらいましょ。集まってきた方が本物のハリーってことで!」
Harry:[Hey, who are you? I am genuine Harry.]
Snow Harry:[What? I am Harry! Well, it’s ok. We will have them decide which is genuine Harry.]


ハリー:「見て、みんなあたしに夢中よ! あたしの奪い合いだわ! やっぱりあたしが本物のハリーなのよ!」
Snow Harry:[Look! They are crazy about me. I am genuine Harry.]


ハリー:「か、顔がなくなったけどまあいいわ。愛されてる証拠だもの!」
Snow Harry:[My face disappeared. However, I do not have any problem. This is loved evidence.]


ハリー:「親分、あっしはここでやんすよ! 久しぶりのハリーでやんす。」
Harry:[Hey, my boss!! This is Harry. I am here. Please look me!]


ハリー:「カ、カリカリぷりーず。。」
Harry:[Please give me dry foods…]

 

 

雪だるま王です。

 


雪だるま王:「私は偉大なる雪だるま王8世ニャ。雪に導かれこの地にやって来たニャ……ニャ!?」
Snowman King:[I am great Snowman King Ⅷ meow.  I was led to the snow and came over to here meow…meow!?]


はな:「えー猫なのこれ?」
まる:「なんかお気の毒。」
雪だるま王:「無礼ニャッ!」
Hana:[Is this a cat?]
Maru:[Poor thing!]}
Snowman King:[Too rude!]


まる:「まあ、なんでもいいですよ。目玉さえちゃんとついていれば。」
はな:「いただきまーす!」
Maru:[Do not mind the small thing. Your eyeballs are important for me.]
Hana:[Aside from your form, your eyeball is splendid!]


雪だるま王:「あっという間に顔なしニャ。」
Snowman King:[My face disappeared in no time…]


落ちた雪のかけらを見せたらカリカリと間違えてすごい勢いで寄ってきたふたり。
This is a snowy fragment.