カテゴリー別アーカイブ: ねこ

猫の日でした。-It was the day of the cat.-

猫の日のために、スペシャルなプレゼントを用意しました。
なんとなんと、新しい爪とぎでーす!
ジャーン!
It was the day of the cat yesterday.
Therefore I prepared for a special present for you.
This is a new claw board!
Ta-da!!


まる:「ああ、さっき思い出したように出してきたこれですね。」
はな:「勢いでごまかそうとしてるわ。」
Maru:[You remembered this suddenly and brought it from the storeroom.]
Hana:[You told a lie. You did not prepare for this for the day of the cat, right?]

 

確かに、たまたま買ってあったのを思い出しましたが、新しい爪とぎには変わりありません。どうぞお試しください!
I surely forgot the day of the cat. However, this is surely your new claw board. Please try it.


はな:「研ぎ心地はまあ悪くないけど。」
Hana:[This is very good for my claw.]


まる:「かーしーて。」
Maru:[Really? Please lend it to me!]


まる:「ふむふむ、なるほどなるほど。さすがに新しい爪とぎは引っ掛かりが違いますね。」
Maru:[Wow, this is surely good! I love this!]


はな:「かーしーて。」
Hana:[Please lend it to me!]


まる:「いーやーだ。」
Maru:[Noooo!]

 


そして夜はもちろん――
And at night,


まる:「ささみ」
Maru:[Wow, white meat!]


まる:「うまっ!」
Maru:[I love it!]


はな:「うまーっ!」
Hana:[So good!]

広告

まるです。

 


はな:「また入るつもり?」
まる:「ええ、もちろん。」
Hana:[Do you intend to get into it?]
Maru:[Of course!]


まる:「しかし困りました。前足を入れるとおケツが出るし――」
Maru:[However, I have a problem. My buttocks can not fit into this when I put my forefoot in this.]


まる:「おケツを入れると前足が出る。どうしたものか…。」
Maru:[And my forefoot cannot fit into this when I put my buttocks in this.  Hmm…]

 

ところで、今日は猫の日ですね!
By the way, it is the day of the cat today in Japan.


まる:「マグロでもササミでもOKですよ。」
はな:「準備万端!」
Maru:[Is a present for us breast meat or tuna? We welcome both.]
Hana:[We are totally ready!]

 

それがその、ついうっかりしてまして、まだ何も――。
Well,,,I totally forgot it!!


まる:「がーん! そんな。。」
Maru:[Omg..I cannot believe it.]


はな:「グーで殴っていい?」
Hana:[May I hit you?]


まる:「猫キックもお見舞いしますよ。」
Maru:[I give you my cat kick!]

 

夜までに何かしら準備します!
I prepare for something by night!

 

広告

片手がどうにも収まらないねこ。(動画)

 

まるバーレル再び。お尻を入れると片手がどうにも入らない!
If Maru puts his buttocks in the bucket, his one hand never fits into it.

インスタの方にまるのフードに関して質問をいただいたのですが、まるは飽きっぽいのと、好みがうるさいほうなので、とくに決まった銘柄はありません。なるべくナチュラルな素材のフードを食べてもらいたいのですが、なかなかそうもいかないので、なるべく小分けになっている袋を常に複数用意しておきます。年齢的にはシニアフードをあげたほうがいいのかもしれませんが、いくつか試したもののまるが食べてくれないので、アダルト、もしくはオールステージ対応のフードを食べています。
はなは何でも食べます!

まるです。

 

まるさん、用意はいいですか?
Hey Maru, are you ready?


まる:「はい、いつでもOKですよ。」
Maru:[Yes, of course.]


はい、トントントントン。
I clap your buttocks lightly.


まる:「まるホコの出来上がり。」
Maru:[This i s Maru Dolphins.]


もういっちょ、トントントントン。
I clap Hana’s buttocks, too.


はな:「はなホコの出来上がり―。」
Hana:[This is Hana Dolphins.]

Golden Dolphins: Wiki

まるロボです。

 


まる:「さてと、装着完了。」
Maru:[I put it on.]


まる:「まるロボ、起動します。」
はな:「なんかおケツ丸見えー。」
Maru:[Maru Robot starts.]
Hana:[Hey, your buttocks are completely exposed to view.]


まる:「どうも、毎度おなじみのまるロボです。ご不要なカリカリがございましたら回収いたします。」
Maru:[Hi, I am Maru Robot. My work is to collect unnecessary cat foods.]


はな:「カリカリ回収なら付き合うけど?」
Hana:[I help your work.]