平べったいねこ。Flat cat.


まる:「何ですか、これは?」
Maru:[What is this?]

実験装置を置くや怪しむまる。
でもまるはこういうちょっとした変化がむしろ好きで、興味津々でやってくる。
Maru suspects an experimental device.
But he likes a change, so he’s very interested in it.


15㎝では、まるもはなも耳を平らにして、まだまだ余裕の通り抜け。
At the time of 15cm, Maru&Hana flatten their ears and go through there easy.


10㎝になると一気に低くなる。
10 cm is low.


はな:「なんでこんな低いの。意味わかんない。」
Hana:[This is very low. I do not know why I must go along here.]

はなは肩を滑り込ませる感じで通り抜けていく。
Hana passes there from her shoulder.

まるは真正面から突破を試みる。
Maru passes there from his face.


まる:「こう見えてまだまだ余裕ですよ。」
Maru:[In fact, it is still easy.]

 


8㎝では、はなはもうこれ以上無理と判断したらしく呼んでも来ない。ということで途中棄権。まるは何をもって行けると判断するのか、強引に通り抜けていく。しかしさすがにちょっと引っかかってジタバタ。
At the time of 8cm, Hana retired. But Maru seems to have judged that it’s possible to pass there for some reason. And he struggled on the way.


まる:「おかしい。背中の何かがひっかかる。」
Maru:[Something of my back is caught.]

まるさんそれはお肉です。
Hey Maru, it is your excess fat…


まる:「これはさすがに――」
Maru:[Wow, this is too low.]


まる:「ムリムリ!」
Maru:[I cannot go through here!]

一応挑戦はしてくれるまる。
お肉が邪魔をして記録はあまり伸びませんでしたが、
猫はけっこう平べったくなれるということがわかりました。
Maru challenged 7cm, but it was impossible.
Excess fat disturbed, and the record was not improved very much.
But it was proved that cats can become considerably flat.


広告


関連記事