三毛猫さん。Mike cat.


三毛猫:「今日は伝説のマッサージを受けにきました。」
Mike cat:[I came to receive legendary massage today.]


三毛猫:「早く癒されたいわ~。」
Mike cat:[I want to be healed early!]


三毛猫:「あ、ちょっと後ろから撮るのやめてもらえます? 必死な感じが出ちゃうんで。」
Mike cat:[Do not photograph from my back.]


三毛猫:「いきなり施術が始まりました! 噂には聞いていましたが、本当に気持ちがいいです~。ところで、本当にいつも口に何か咥えてるんですね。今日は何ですか? ストローですか? なぜストローなんですか? そこにストローがあったからですか?」
Mike cat:[Massage began at last! This massage is really comfortable. Is it a straw? By the way, you always hold something in your mouth. Why straw? ]


三毛猫:「あ、ちょっと刺さってます。。」
Mike cat:[Wow, the straw sticks in me…]


三毛猫:「あれが終わりの合図でしょうか? とっても癒される時間でございました~。」
Mike cat:[Is this a signal of the end? I was healed very much. Thank you!]


広告


関連記事