似ている? 似ていない? Similar? Not similar?

 

大変です! まるさんにそっくりなぬいぐるみが、今度は大事な発泡スチロールの箱に入っています!
Wow, hey Mmaru!  The stuffed animal similar to you is in your important styrofoam box.


まる:「似ている? どの辺が? 少なくとも脚はもっと長いですよ。」
Maru:[Similar? My leg is looonger at least.]


まる:「顔はもっとシュッとして鼻筋が通ってて――」
Maru:[My face is more handsome.]


はな:「どれどれ、あたしに見せて。大丈夫、似てる似てる。脚の短いところはソックリね。」
Hana:[I check it.  All right, the short leg looks just like you.]


はな:「あー、でも顔がねー。もっと横に丸く大きくしないと。あとはもうちょっとおでこを突き出して、鼻を引っ込めればいいんじゃない?」
Hana:[The face is not surely similar. The face is big aside and pushes out a forehead and should flatten a nose.]

的確過ぎる…。
Too precise.


ところでまるさん、ぬいぐるみをブラッシングしたとき密かに涙を流してましたけど――やっぱりヤキモチとか悲しみの涙だったんですか?
By the way, why did you cry when I brushed the stuffed toy?
By sorrow?

まる:「冗談はやめてくださいよ。同居人が変なことをし始めたので、哀れみの涙です。」
Maru:[No way! You did a too stupid thing, so I had pity on you.]

 

 


広告


関連記事