警戒するはなとしないまる。Hana is cautious, but Maru isn’t.

 

移動したキッチンの跡地にやって来たのは――
After the kitchen which moved, it came over.


まる:「よっこいせっと。」
Maru:[I get on this.]


まる:「新しい猫タワーをありがとうございます。」
Maru:[Thank you for this new cat tower.]

突然やって来た大きな黒い物体にもまったく動じないまる。
設置にやって来たお兄さんたちの作業の邪魔もして、ちょっとどいてくれるかな、とか言われていた。
Maru was not afraid to the black big object which came over suddenly.


はな:「なに、これ……。」
Hana:[!!]

驚いて言葉を失うはな。
Hana was at a loss for words in wonder.


はな:「ねえ、危なくないか見てきてちょーだい。」
まる:「自分で行けば。」
Hana:[Please confirm whether this is not dangerous.]
Maru:[Go by yourself.]

 

まるさん、ピアノも似合いますね。
一曲お願いします。
Hey Maru, I would like a piece of music.

まる:「いいですけどマグロ一匹分の料金になります。」
Maru:[It’s ok. But an amount of money is one big tuna.]

高すぎます!
Too expensive!

まるが乗っているので、ようやくはなも安心した様子。
As Maru got on it, Hana seemed to feel relieved, too.


はな:「ところで、これって新しい猫タワーなの?」
まる:「乗れれば何でもいいんですよ。」
Hana:[By the way is this a new cat tower?]
Maru:[I don’t know what this is. But we can get on this. Therefore it’s certain that this is new relaxation space for us.]

ちょうどいい寛ぎスペースができたようです。

 


広告


関連記事