感じるはな、感じないまる。-Hana feels something, but Maru feels nothing.-


さっきから執拗にその辺の床の匂いを嗅いでいるはな。
Hana smells the floor for a long time.


そしてまたたびで酔っぱらったみたいにくねくね。
はなさん、さっきからそこでくねくねしてますけど、何か匂います?
And she seemed to get drunk, and she rubbed her body against the floor. Hey Hana, what is there?


はな:「何かたまらないものを感じる。」
Hana:[I feel something fascinating here.]

はながずっと匂いを嗅いだりすりすりしているので、何かあるのではとまるもやって来た。
Maru came there.

まる:「ひとり占めはだめですよ。」
Maru:[If something good is over there, you should not monopolize it.]

はな:「もー! 邪魔しないで!!」
Hana:[Do not disturb!]

思わず手が出るはな。


まる:「ふんふんふん。」
Maru:[I sniff.]

まるさん、その辺に何かありますか?
What is there?

 まる:「騙された。いい物なんかなーんにもありませんよ。」
Maru:[Nothing. I was deceived.]


はな:「ヤングなガールにしかわからない匂いなの!!」
Hana:[This is something which only a young girl can feel!]

その後もちょいちょいその場の匂いを嗅いでいたはなでしたが、
結局何があったのかはわからず。


広告


関連記事