これが猫である! -This is the cat!-


はな:「これなあにー?」
Hana:[What is this?]

はなさんも興味があるみたいですね!
たまにはちょっと被ってみますか?
と、軽い気持ちで被せてみたところ――
Are you interested in this?
Do you try this?


はな:「!!!」
Hana:[!!!]


まる:「!!!なんだこの変な生き物は!!!」
Maru:[What is this strange creature?]

とまるも驚いた眼で見る。
まるさんがいつもやってることですけど…。
Hey Maru, it is that you always do it.

はなさん、そこに穴が開いているでしょう。
そこから見て歩くみたいでですよ?
Hana, did you find a hole there?
Try walking!

はな:「穴は確かに開いている。だがしかし――」
Hana:[I can see from this hole certainly. But,,,]


はな:「バックします!」
Hana:[I go back!]

いえはなさん、バックじゃなくて前に――
No, you should be able to advance before.


はな:「とにかくバックしまーす!!!」
Hana:[ I cannot but back!!!]


はな:「もう! 頭に変なの被せてー!!」
Hana:[Because of this strange thing!!]


はな:「悪夢だったわ。」
Hana:[Sigh…It was a nightmare.]

はなさん、軽い気持ちで被せてすみません!
頭に被せると、ただひたすらバックするという反応にビックリすると同時に、しかしこれが普通の猫の反応なのだと再認識。
Sorry,  Hana!
I was surprised at her reaction. However, I again realize that it is the cat!


まる:「被り物をしたらパトロールをするのが常識ですよ。あのチビはまだまだですな。」
Maru:[Why did she back? She should have patrolled when she put something on her head.]

すっかり変な猫に見慣れてしまっていました!
I have got used to a really strange cat!


広告


関連記事