つづかないはずが再びゆうがお姫です!-Bottle Gourd Princess again!-

続かないはずだったゆうがお姫再び!
That shouldn’t continue.
But Bottle Gourd Princess appears again.


ゆう顔姫:「みなさん久しぶり! もちろんあたしのこと覚えてるわね? 友達との長い旅行から帰って来たばかりよ。今日は久しぶりに王子に会えるわ♥ そう、あのスタイル抜群で、鼻筋がすっと通ったイケメン王子よ! 旅行であたしすっかり太っちゃったけど、王子はあたしに気づいてくれるかしら?」
Bottle Gourd Princess:[Hi, again! You remember me of course. Right? I have been traveling with my friend for a long time. Soon, I can meet my prince who is handsome and has a great body! I gained weight because of a trip very much. Do you think that my prince notices me?]


ゆうがお姫:「あら、この温もりは! あたしが間違うはずがない、あたしの王子よ! でも待って、こんなにずんぐりむっくりだったかしら…?」
Bottle Gourd Princess:[Wow! I know this warmth. This is warmth of my prince. However, was my prince roly-poly in this way?]


ゆうがお姫:「あのすっと通った鼻筋はいったいどこへ行ってしまったの?? ていうか鼻どこよ? これは本当にあたしの王子なの? 偽物じゃなないかしら…。」
Bottle Gourd Princess:[Hey wait! Do my prince have a flat face in this way? Where is his nose? Is this really my prince? I cannot believe it!]

まる:「このうるさい緑の物体を早くどけてください。」
Maru:[Hey, move this noisy green object early.]


ゆうがお姫:「えーんえーん。あたしのスタイル抜群でイケメンな王子がどこかへ行ってしまったわー。あたしの王子を返してー!!」
Bottle Gourd Princess:[Omg!! My handsome prince has gone somewhere. Please return my handsome prince!]

はな:「もしもーし。ひとのトンネルで何やってんのー。」
Hana:[What are you doing here? This is my tunnel!]

ゆうがお姫:「ちょっと聞いてよ。昔はあんなにスタイル抜群で鼻筋が通っていた王子が、今やすっかり、ずんぐりむっくりなタヌキになっていたのよ。あなたも女子ならあたしの気持ちわかるでしょ? こんなの悪夢よ! マボロシー!!」
Bottle Gourd Princess:[My handsome prince has become like a roly-poly raccoon dog! This must be a nightmare!!]


はな:「むしろこれが現実。」
Hana:[Rather this is reality.]

 


広告


関連記事