ハリーです。

 


ハリー:「はあい、あたしハリネズミのハリーよ。」
Snow Harry:[Hi, I am Harry.]


ハリー:「ツララの針がとっても素敵でしょ!」
Snow Harry:[My spines are very wonderful!]


ハリー:「ちょっちょっと、あっしが本物のハリーでやんすよ!」
ハリー:「はあ? 冗談は顔だけにしてちょうだい! あたしが本物に決まってるじゃない。ならあの方たちに決めてもらいましょ。集まってきた方が本物のハリーってことで!」
Harry:[Hey, who are you? I am genuine Harry.]
Snow Harry:[What? I am Harry! Well, it’s ok. We will have them decide which is genuine Harry.]


ハリー:「見て、みんなあたしに夢中よ! あたしの奪い合いだわ! やっぱりあたしが本物のハリーなのよ!」
Snow Harry:[Look! They are crazy about me. I am genuine Harry.]


ハリー:「か、顔がなくなったけどまあいいわ。愛されてる証拠だもの!」
Snow Harry:[My face disappeared. However, I do not have any problem. This is loved evidence.]


ハリー:「親分、あっしはここでやんすよ! 久しぶりのハリーでやんす。」
Harry:[Hey, my boss!! This is Harry. I am here. Please look me!]


ハリー:「カ、カリカリぷりーず。。」
Harry:[Please give me dry foods…]

 

 


広告


関連記事