まるです。

ハリー:「親分にクリスマスプレゼントでやんす。」
Harry:[This is a Christmas present for my boss.]

ハリー:「ハリー自身がプレゼント♪ なんつって。」
Harri:[Yes, a present is myself!]

ハリー:「親分、親分。クリスマスのプレゼントでやんすよー。」
Harry:[Hey my boss, there is a Christmas present here. ]
まる:「何かおかしなものが転がってますが、プレゼントはどこですか?」
Maru:[There is a strange thing here. By the way, where is a Christmas present? ]

ハリー:「同居人さん、こうなったら、例の魅惑の粉でやんすよ。
ハリーにたっぷりと振りかけるでやんす。」
Harry:[Hey, my boss’s housemate, please sprinkle the powder of fascination over me.]
ハリー、すみません。 粉を振りかける前に見つかってしまいました!!
Oh, sorry Harry! Before sprinkling this over you, it has been found by Maru.

まる:「ふんふん、これがプレゼントですね。大歓迎ですよ。」
Maru:[Sniff…Is this a present? I love this.]
まる:「ごちそうさまでした♪」
Maru:[Thank you for your present. I am satisfied.]

ハリー:「親分、メリークリスマス……。」
Haryy:[Merry Christmas, my boss……]
*魅惑の粉はまたたびの粉末です。
*The powder of fascination is the powder of silvervine.


広告


関連記事